こねかみ日記

兵庫県の北部「香美町」の学生団体こねかみのブログです。

『第3回かみトーーク!』井端実優ver.

みなさんこんばんは!

こねかみ2期生の井端実優です❃︎

今回は“僕らの武道館フェス実行委員会”のみなさんをゲストにお招きした『第3回 かみトーーク!』について書いていきたいと思います!

以前ブログで「僕らの武道館フェス」についてサポーターという立場で関わらせていただいたときの想いを書きましたが、その時の自分の気持ちと合わせて読んでもらえると嬉しいです🌱

私は、僕フェス実行委員会のみなさんと出会ったことで、「全力で楽しむ」ということがどれだけ人に影響を与えるのかを学びました!全力で楽しんでいるキラキラした大人の姿を見て、自然と子供も笑顔になれるような素敵な空間で、今でもとても印象に残っています!

そして、今回の「かみトーーク!」の中で、さらに学んだことがありました。

まずは、実際にステージに立った経験がある高校生が「自分を出せる場があって嬉しい!」「地元でこうした音楽を楽しめる感覚が嬉しいし、楽しかった!」と話しているのを聞いて、自分たちが楽しむのももちろんだけど、それ以上にこうした場所をつくることで、香美町への愛着が増したり、自分自身を表現できる場所をつくることで、高校生の自信につながったりしているということが改めて分かりました。

さらに、私がとても印象に残っているのが、「高校生に対して、やってあげようではなく、同じ目線でつくりたい」と言っておられたことです。この"一緒につくる"というスタイルがあるからこそ、僕フェスが愛される理由で、毎年"激アツ"なイベントになる理由だと思いました。

僕フェス実行委員のみなさんからすると、「学んだ」という表現がとてもおおげさな感じに聞こえてしまうかもしれませんが、僕フェスに関わり、「かみトーーク!」にゲストとして参加していただいたことで、私自信とても大きな影響を受けました!

 

ここからは、少し違う話になるのですが、

以前のブログで、私には僕フェスで出会った大人の方々のように目を輝かせて話せる好きなもの(趣味)がないのが悩みということを書きました。

これに関して、未だに「趣味」と言えるほど没頭しているものはありませんが、今は「ジェンダー」と「教育」に関する分野に興味があり、苦手である読書にも手を出して、大学のゼミ研究と合わせながら勉強しています。

もう少し早くから、たくさん本を読んで勉強しておけばよかったと少し後悔している部分もありますが、大学生の期間を有効に使って、自分が納得いくまで勉強できたらいいなと思っています🙌

この自分が好きなこと、やってみたいことに挑戦する意味や、やりがいというのは、僕フェスのみなさんと出会わなければここまで真剣に考えていなかったかもしれないので、これからも「挑戦!やってみる!」という気持ちを忘れずに頑張っていきたいです!

 

最後になりましたが、「かみトーーク!」を第3回目まで開催できたことが本当に嬉しく、これもゲストのみなさんや、参加者の皆さんのご協力があったからこそです。本当にありがとうございました!

f:id:connekami:20210414193522j:image

第3回目までを通して、ゲストと参加者のみなさんのつながりが生まれたり、こねかみとの新たなコラボ活動につながったりと、「かみトーーク!」を開催するときに、一つの目的としていた「かっこいい大人と学生のつながり」が生まれたことが本当に嬉しいです。

「かみトーーク!」のイベントはこれで一旦終わりましたが、他の団体さんとのコラボ活動を今後はしていきたいなと思っているので、ぜひ声をかけてください✨

今日から「新メンバー募集」の企画情報も公開しているので、そちらもぜひチェックしていただいて、ご参加ください!!お待ちしています!

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました☺️

次回は水田さんの投稿です!

お楽しみに⭐︎

『第3回かみトーーク!』小林笑果ver.

こんばんは!

こねかみ2期生の小林笑果です!今回は3月10日に開催した『第3回 かみトーーク!』について書いていきます!


今回は“僕らの武道館フェス実行委員会”のみなさんをゲストにお招きし、“僕フェス”が始まったきっかけや、そこに込められた想いをお聞きしました。


私は1回目の僕フェスで完全に僕フェスファンになったのですが、その第1回目の僕フェスを一言で表すとしたら “激アツ” という言葉がぴったりだと思います。笑

そのため今回のかみとーくで、激アツな僕フェスを開催してくださった実行委員会の方々のお話を聞けるのは、個人的にすごくすごく嬉しかったです!


なので今回はかみとーくと併せて、僕フェスで感じたことも一緒に書かせてもらおうと思います!


僕フェスは今まで2回開催されていて、私はどちらもお手伝いとして参加させてもらいました。1回目はまだコロナウイルスが流行する前で、香住区の香住文化会館で開催されました。


第1回目の僕フェスの会場には、高校生をはじめとして地域の方々がたくさんいらしたのですが、きっと友達や家族が演奏するから来てみた、という人が多かったんじゃないかな、と思います。

だから、普通の音楽フェスみたいに、音楽が好きな人ばかりが集まっているわけでは無かったはずです。そのため、はじめはどんな雰囲気になるのか想像がつきませんでした。

でも、会場がオープンして演奏が始まる前から 最後の実行委員の皆さんの挨拶まで、ずっっと大盛り上がりで、私もその場にいるだけで楽しかった記憶があります。


そして今回、僕フェスに出演していらした方がかみとーくに参加してくださったのですが、その方も「あそこまで一体感があって盛り上がるフェスは、この辺だとなかなか無い」といったお話をされていました。

かみとーくの中でもお話しされていましたが、僕フェスを開催するにあたって、多くの高校生が準看板作りや会場準備などの準備に関わっていました。

そのため、“みんなで創り上げたフェス”ということも、この一体感を創り出した要因のひとつに挙げられると思います。

私は音楽が好きで、音楽フェスも大好きです。なので、規模は違えど、身近な場所でそれを味わえるのがすっごく嬉しかったし、これをきっかけに音楽が好きになったり、フェスに一緒に行けるような友達が増えたりしたら最高だろうな〜、と思いました。

それに、出演者がその時歌っていた曲にハマって今もよく聴いているので、“新しい曲に出会える”というフェスらしさも味わえて、とっても満足な1日でした。

 

f:id:connekami:20210409213821j:image

これは僕フェスの最後に実行委員会の方々が挨拶した後の写真です。会場にいるみ〜んなが拍手してて、めちゃくちゃ胸が熱くなりました。こんな場を創り上げることができる実行委員の人たち、かっこよ… の気持ちで撮りました。笑

 

こんな感じですっかり僕フェスファンになった私は、今回のかみとーくでたくさんお話しを聞くことができて、大満足でした!

(僕フェス第2回目のことについては、以前このブログに書かせてもらったので、そちらもぜひチェックしてもらいたいです!)

 

また、今回のかみとーくでは今までの参加者や前回ゲストとして参加してくださった方にも参加していただきました!

今までかみとーくでつながりを持つことができた方々とつながり続けることができるのは、とても嬉しくてありがたいことです。

そして第3回目のかみとーくでもまた新たにつながりを生むことができたので、今度はその方々のお手伝いをしたりコラボができたりしたら楽しいだろうなぁと思っています!

 

最後にはなりましたが、今回もかみトーーク!を開催することができたのは、ゲストのみなさんや参加してくださった皆さんのご協力があったおかげです。本当にありがとうございました!!

 

 

少しごちゃごちゃした文章にはなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。嬉しいです!

 

次回は井端実優の投稿です!

お楽しみに〜!

 

(文 : 小林笑果)

『第3回かみトーーク!』坂本舜

こんにちは。こねかみの坂本舜です。

今回は「第3回かみトーーク!」について書いていきたいと思います!


まず、かみトーーク! はいろんな世代の人同士がこのイベントを通じて繋がれたらいいという思いで第1回を実施しました。僕たちも、これを1回で終わらせずに続けていきたいと話し合っていましたが、まさか第3回を開催するまでになるとは思っていませんでした。


これは参加者の皆さんや様々な方の協力があってのことだと思います。本当にありがとうございます!


さて、今回のゲストは「僕らの武道館フェス実行委員会」の方々でした。僕自身、昨年の僕フェスが初めて関わらせていただいた機会でした。その時に、僕フェスがどういったイベントなのか、実行委員の方々がどのような人たちなのかということは知っていました。

ですが、今回のかみトーーク!で僕フェスについてもっと掘り下げた内容を聞くことができ、改めてもっと多くの人に知って欲しいイベントだと思いました。


僕が印象に残っているお話は、楽器や音楽をやっているがそれらを披露する機会がない高校生や大人に、僕フェスがその場を提供しているということです。

僕は楽器も音楽もやってこなかったので、あまり考えたことはありませんでしたが、たしかに高校生にとっては文化祭くらいしかステージで披露する場はないように思います。そういった人たちの思いを汲み取って僕フェスが開催されていることを知れてとても良かったです。

 

 

かみトーーク!には個性的な参加者の方たちが毎回参加してくださいます。その方たちのお話を聞いたり、一緒に話をするのがもう1つの楽しみでもあります笑

これからもたくさんの方たちと関わっていけたらいいなと思います!

 

今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

次回は小林笑果さんです!お楽しみに!

『第3回かみトーーク!』今西大空

こんにちは、こねかみの今西です。

久しぶりにブログを投稿することとなりまして、今回は「第3回かみトーーク!」というテーマで書こうと思います。

はじめに、かみトーーク!は、昨年8月の第1回から先日開催した第3回まで、ゲストの方をはじめとした多くの方の参加や協力のおかげで、開催を実現することができました。
皆さん、本当にありがとうございました。

先日の第3回(ゲスト:僕らの武道館フェス実行委員会さん)では、高校生や大学生、社会人といった新たな参加者にお会いすることができ、中には参加地域が和歌山の方もおられました。
今回も非常に充実した時間を共有でき、実りある回となりました。

ゲストの僕フェスさんとは、メンバー同士やこねかみという団体としても以前からお世話になっていて、僕フェスさんのイベント時に活躍されている姿だけでなく、その他の場面でも活躍されていることを知ったうえで、依頼させて頂きました。
今回は、僕フェス開催までの経緯やその中での思いを話して頂きました。
中でも、僕フェス開催のきっかけが、お酒の席で話が盛り上がり、そのまま会場をおさえたというエピソードが印象的でした。
私自身、こねかみの活動などを通して、頭のなかで色々とやってみたいことは浮かぶのですが、それを声に出して誰かに伝えてみたり、実際に行動に移してみることができずにいるところもあり、僕フェスの皆さんみたいにフットワークの軽い活動ができたらなと思いました。
僕フェスメンバーの皆さんは、僕フェスだけでなくお仕事をはじめ、その他複数の活動もされていて、その行動力やエネルギーに毎回驚かされます。
僕フェスメンバーの皆さんは、他の団体を見ても比較的に私たち大学生近い年代の方々が活動されていて、大人というよりも『お兄さん』という感じで接していただいているので、私たちは学ぶというよりもある意味で『その後を追いかける』ように活動できたらなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
令和3年のこねかみもよろしくお願いします!

『かみトーーク!を終えて』小林笑果ver.

こんばんは!
こねかみ2期生の小林笑果です!

今回は8月5日、9月30日に開催した『かみトーーク!』について書いていきます!

はじめに、ゲストとしてご協力いただいたスミノヤゲストハウスの田尻茜さん、JINENANの岸本さんご夫婦、そしてかみトーーク!に参加してくださったみなさん、ご参加、ご協力していただき本当にありがとうございました!✨

今回のイベントは、こねかみ二期生が企画し、そして実行したものとしては初めてのイベントでした!

今回かみトーーク!をすることになったきっかけとして、毎週水曜日に行っている通話会議で、メンバーひとりひとりの話をみんなで共有したことがひとつ大きなこととしてありました。

これは先輩から、
『それぞれの考えや想いから新しく活動につながることがある』
というようなアドバイスをいただいたことから行ったことでした。

改めてみんなの話を聞いていると、その人について新しく知ることが意外と多く、お互いのことを知ることによって、より仲が深まったように感じました。 

そしてその話の中で出た話題に、『香住と村岡・小代のつながりの浅さ』がありました。
これはメンバー全員が感じていたことであり、実際に多くの人が感じでいることではないかと考えています。

私たちはこの課題点を『香美町の高校生同士をつなぐ』という目標として設定し、そこからたくさんたくさんたくさん考えて、形となったものが『かみトーーク!』でした。

 

初めは不安な部分もとても多かったのですが、企画していったりゲストの方と打ち合わせをしていったりするうちにどんどん楽しい気持ちが大きくなり、
『1人でも多くの人に“香美町のかっこいい大人”の話を聞いてほしい!』
と思いながら当日までの時間を過ごしていました。

宣伝や広告にも力を入れ、宣伝の日程を決めたり広告を直接配りに行ったりと、少しでも多くの方に「おもしろそう!」と思ってもらえるよう、みんなで協力して進めていくことができたと思います。

かみトーーク!当日は、香美町出身者だけでなく県外からの参加者もあり、私たちが想像していた以上の多くの方が参加してくださって、本当に本当に嬉しかったです!

私は今まで、このようなイベントに参加する側は何度か経験したことがありましたが、自分が開催する側になったのは初めてでした。

自分たちが考えて考えて考え抜いたイベントによってゲストの方や参加者が笑顔になっていたことはとても嬉しく、心から『企画してよかった!』という気持ちになりました。 

今後も自分たちの自己満足で終わってしまうことがないよう、今ある課題をしっかりと改善していきながら、よりよいものにしていきたいと考えています!

最後に、、かみトーーク!のゲストのみなさん、参加者のみなさん、応援してくださっていたみなさん、そしてこねかみのメンバー、関わってくださった全ての方への感謝の気持ちを忘れず、これからも“私たちらしい”ことを楽しんでやっていけたらいいなぁと思っているので、今後も応援よろしくお願いします!!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました🙏🏻✨

 

次回は水田嶺央さんです!

お楽しみに〜!

 

 

『 かみトーーク!』を終えて 坂本舜ver

こんにちは。こねかみ2期生の坂本舜です。

先週に引き続き第1・2回かみトーーク!を終えての感想を書いていきたいと思います。

かみトーーク!の内容については前の2人が述べてくれていると思うので、今回は省略させていただきます。


それでは始めていきます!

 

 

僕は高校生の時に、香美町のものしり博士に焦点を当てた活動をしてきました。その活動をしたことで、香美町には様々な活動をしておられる「大人」がいることを知りました。


ものしり博士の元へインタビューしに行かせていただいた時も、話を聞いていくうちに「もっとその話について聞きたい!」という気持ちになったのを覚えています。

おそらく、その人にしか語れないような体験談や考え方などがそのような気持ちにさせてくれるのだと思います。

また、大人の話を聞くと言うのは、難しい話だったらどうしようとか思ってしまうかもしれませんが、案外そうでもなくとてもわかりやすくお話してくださいます。


だからこそ、こんなにも素敵な大人たちがいるのだからもっと上手に活用できたらなと思っていました。


そんな中、メンバー内で香美町のかっこいい「大人」とオンライン交流会をするというイベントの案が出ました。これは香美町の大人たちを多くの人に知ってもらえるチャンスだと思い、僕はかみトーーク!を実施することをとても楽しみにしていました。これがかみトーーク!を実施する前の僕の心境です。

 

第1回は田尻茜さん、第2回は岸本元気さん・葉子さんをゲストに招いて交流会を行いました。


田尻さんと岸本さんご夫婦のお話を聞いていて感じたことは、皆さんが失敗を恐れずにチャレンジする精神を持っているということです。

自分だったら、もし上手くいかなかったらどうしようと考えてしまい、その1歩を踏み出せないと思います。


それでも田尻さんも岸本さんご夫婦も自分たちのやりたいことを追求して何でもチャレンジする姿勢は本当にかっこいいと思いました。


田尻さんは1人で小代に移住されたのですが、それはとても勇気のいることだと思いました。そして自分たちで「スミノヤゲストハウス」を作り、地元の人たちや宿泊しに来るお客さんと充実した暮らしをしているように思えました。


岸本さんご夫婦は柤岡で「JINENAN(ピッツェリア)」を経営されています。そこではピザを売っているだけでなく、ピザに使う食材も自家栽培したものを使ったり、ワークショップなどを行い交流の場を作っています。


このように田尻さんも岸本さんご夫婦も各々がやりたいことに挑戦されていて、これがかっこいい大人なんだと思いました。

 

 

最後に、

今回のかみトーーク!はコロナが流行っている状況で、なにか出来ることはないかとメンバーのみんなで考えて実施したものです。

第1・2回共に予想していたよりも多くの方に参加していただき、とても嬉しく思います。

かみトーーク!参加してくださった皆さんが楽しそうに交流していたのを見て、やってよかったと思いました。アンケートには「また参加したい」という意見もあり、これまでの改善点を見つけ、次回はより良いかみトーーク!ができればいいなと思います。

僕自身ももっと香美町の大人の話を聞きたいと思っているので、次は誰のお話を聞けるのかとても楽しみにしています笑

 

 


読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️

次回は水田レオくんです!お楽しみに!

『かみトーーク!を終えて』今西大空ver.

こんにちは!

こねかみの今西大空です。

 

はじめに。

この秋で、私たち2期生による「こねかみ日記」の活動も丸一年となりました。

この1年間、ブログの中では、その時その時の自分なりの考えを書かせてもらってきましたが、今読み返しても「もっとこう書けばよかった」「次はこのテーマについて書きたい」など様々な思いが出てきます。
こねかみの一員として見てきた香美町の景色に、ブログという文字や写真によってアウトプットのできるツールを用いることで、自分の頭の中を整理し、そして考えを膨らませてきました。

こねかみ日記は、こねかみのメイン活動ではありませんが、読んで頂いてる方には、今後ともこの日記を通して、私たち「こねかみ」と「香美町」の移り変わりを見て頂けたらと思います。

 

さて、ここからは本題に入りたいます。

前回に引き続き今回も「かみトーーク!を終えて」というテーマで書いていきます。

前回の井端実優さんも書いていたように、「かみトーーク!」とは、こねかみが香美町で活躍するかっこいい大人をゲストとしてお招きし、香美町の魅力に触れながら、意見交換をしたり、参加者同士の交流を深めることを目的とした会です。(※「かみトーーク!」のことをより詳しく知りたい方は、ぜひこねかみのSNS等をご覧ください。)

ご存知の方もおられるかもしれませんが、先日、「かみトーーク!」の第1・2回を開催しました。

ゲストの田尻さんや岸本元気さん・葉子さんをはじめ、多くの方々にご参加頂いたおかげで、私たちが予想した以上にある意味“濃密”な時間を作ることが出来ました。

本当にありがとうございました。

かみトーーク!を開催するまでには、コロナ禍でも私たちなりにできることはないかということで、議論してきました。

議論の結果、今回はゲストをお呼びしたオンライン交流会という形でかみトーーク!を開催しました。

かみトーーク!の方法は至ってシンプルなものではありましたが、私自身、こねかみや私なりの考えをしっかりと持った上で開催できたのではないかと思っています。

その考えという点で、特に私が重視したのは「自分の意見を述べること」です。

私の感覚ではありますが、香美町には、若者が誰かに自分の意見を述べて、自分の発信あるいは他者と意見の交換ができる機会や場所が少ないのではないかと感じています。

他市町村と同様に、学校以外でいうと、香美町内にもスポーツクラブをはじめとした様々な組織がいくつかあり、小学生時代は、私も少年野球チームに所属していました。
私の経験から、私が所属していたチームをはじめ、町内の他の野球チームのメンバー構成もほとんどが同じ学校の生徒だったと記憶しています。

もちろん、このような状況が悪いとは思いませんし、地方にはよくある光景なのかもしれません。

特に、香美町の場合は、町が南北に長く、利便性等の観点からも香住地域と村岡・小代地域の交流が少ないことは理解できます。

しかし、小中高と、約12年間という長い学生時代を同じ地域の学校で過ごすことは、その地域への関心や知識を深めることができますが、一方で、長い年月その地域特有の価値観のみで過ごすことになるとも見てとれます。

この12年間は、学生をはじめとした私たち若者にとって、自分の考えや価値観を形成したり、また、他人と出会い・交流するなかで、他人の考えや価値観を知り、比較したり、そして改めて自分自身を見つめ直すことが可能であり必要な期間です。

そんな考えから、同じ地域で、同じ経験をして過ごしきた友達や大人だけでなく、他の地域で過ごしている人と出会うことを香美町の若者にも経験してもらえるように「かみトーーク!」を開催しました。

この目標を達成することは、簡単なことではありませんが、第1・2回が参加して頂いた方にとって、かみトーーク!が良いきっかけになったことを願っています。
 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

次回は坂本舜さんです!
お楽しみに!!